青山学院大学の3年ゼミでお話しして来ました

2017年7月17日(月)に、青山学院大学の3年生のゼミにお邪魔して、LGBT関係のお話をして来ました。

LGBT等についてあまり知識量が多くない学生もいるだろうということで、入門のような話を冒頭にして、その後ノーマティビティー(規範?)とマージナライゼーション(周縁化)について触れ、社会問題の解決に2つのタイプがあるということ、そして婚姻制度の問題まで、1時間半の超特急トークでした。

少し無理のある構成だったのもあって、話が散漫というか分かりづらくなるところもあったと思うのですが、学生はみんな熱心に聞き、質問を投げかければ真剣に考え発言し、互いの意見への反対意見も堂々と提示したりと、とても良いゼミだなあと振り返って思います。

英語で運営されているゼミなので私のお話も英語だったのですが、日本語での補足を付けてもよいとのことだったので時々日本語を挟みました。でも補足はほとんど要らないほどみんな英語の運用能力が高く、その点でも驚きました。

また詳しく話の内容を書くかもしれませんが、とりあえず当日配布したハンドアウトを以下に貼り付けます。(ハッシュタグっていうね…w)

・詳しいプロフィールはこちら

執筆・出演・講演の情報はこちらその他の評論・エッセイはこちら

・執筆、講演、取材、出演等のお仕事のご依頼はこちらのフォームをご利用ください。

・別ブログで生活感溢れる小話を書いています→舞い散る喪ゲイ

・ネットラジオ《エロくない性の話》 #ensh21 やってます

・様々なバックグラウンドの人々を歓迎するダイニングバー《スペアリブの店 FAT CATS》を2014年から母と一緒に群馬県館林市でやってます。営業日なら私は必ず出勤してるので、お気軽に遊びに来て下さい。

・主に英語でセクシュアリティやジェンダーがテーマのYouTubeチャンネルやってます。


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力して登録すると、当ブログが更新されるたびにメールで通知が届きます!

友だちにシェアしよう!


執筆・講演・取材・出演等のお仕事をお請けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です