Anime Feminist からインタビューを受けました(英語・日本語)

先日以下の動画を YouTube にアップしたところ、Anime Feminist というサイトの編集長 Amelia Cook が連絡をくれました。

私にインタビューをして、Anime Feminist サイトに掲載したいという申し出でした。見てみると、このサイトはまだ最近できたばかりなのに2017年から全てのライターに報酬を支払うと約束しています。そりゃ当然だろって話なんですが、でも今世界中でライターが買い叩かれており、無報酬で書かされることも珍しくない状況なので、こうした心意気は良いものだと思いました。それに、オタク文化についてのクィア・フェミな情報や資料、批評なんかが見つかるハブ的なサイトを作ろうというアイディアも気に入り、インタビューに応じました。

インタビューの全文はこちら:
[Interview] Masaki C. Matsumoto, queer and feminist activist
(冒頭の紹介文は英語ですが、インタビューの質問と回答は全て英語のあとに日本語も書いてあります!)

FANBOX で裏ブログ始めました

ファンボックスのプラン一覧

 FANBOX は、月額でクリエイターを支援できるサイトです。
 FANBOX では、日常生活で感じた社会の不条理についてだったり、表であまり言いたくないようなことを、支援者限定公開で不定期で書いています。
 月額500円から支援することができますので、私の記事や動画を少しでもいいなと思ってくださっていたら、ぜひご支援をご検討下さい。

ブログをメールで購読

メールアドレスを入力して登録すると、当ブログが更新されるたびにメールで通知が届きます。

この記事が気に入ったらシェアしてください


執筆 ・出演・講演などご依頼はこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

時事から創作まで、社会で除け者にされがちな存在について語ることの多いライター&YouTuber。LG(B)Tシス男子。 1985年5月26日生まれ。栃木県足利市出身、ニュージーランドとアメリカを経て現在は群馬県館林市在住。趣味はイラストと音楽制作。 2011年にシカゴ大学大学院社会科学修士課程を中退。以降ジェンダー・セクシュアリティを中心に執筆や講演など評論活動をしています。 LGBT運動と排外主義のかかわり、資本主義とLGBT、貧困二世・三世のLGBT/クィア、性的欲望に関する社会的言説の歴史、セックスワーカーの権利と尊厳などに特に関心があります。