小松サマースクール講演原稿全文(高校生向け)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-13-09-13

この原稿は、2016年7月29日〜8月2日に開催された小松サマースクールという高校生向け合宿イベントにおいて、私が29日の午後に参加者に向けてお話しした講演の内容です。時間の関係で省略した部分、言い方を変えた部分などもありますが、大まかには当日の内容と同じです。ところどころ「それ断言しちゃっていいの?」と疑問を挟む余地のある箇所があると思いますが、オーディエンスや持ち時間、その他の制約によるものと思ってご勘弁ください。

自己紹介

みなさんこんにちは。フリーライターのマサキといいます。

フリーライターというのは、依頼されたテーマで文章を書いたり、書いたものを自分で売り込んだりして、それが雑誌とかホームページに載ったらその都度原稿料をもらう「フリーランス」というスタイルの仕事です。言ってみれば漫画家の文章版みたいなもんです。

絵がうまい漫画が必ずしもいい漫画ではないのと同じように、日本語の力があればライターとしてお金がもらえる仕事ができるわけではありません。

それに、漫画もギャグマンガとか、恋愛もの、社会派、学園もの、ヒーローものとか色々ジャンルがありますけど、文章にも色々あって、それぞれライターには得意分野とか、文章の特徴があります。だから、ライターになりたい人は、日本語の力よりも、自分の好きなことについての知識を深めるほうが大切かもしれません。

じゃあ私のジャンルは何かと言うと、「性」です。性教育の性です。つまり、女とか男とか、レズビアンとかバイセクシュアルとか、テレビで言うオネエとか、そういうことを専門としています。私はこれを皆さんくらいの年齢から専門に学びたいと思っていて、大学でも勉強したし、大学のあとの大学院という研究する学校でも性について研究しました。

性についての研究っていうと、「男女の脳はこう違う」とか「円満な夫婦生活のコツは」とかが頭に浮かぶかもしれません。でも、私の専門はむしろ、そういう男と女について色んな人が語ってること、「女はこうだ、男はこうだ、女はこうすべき、男はこうすべき」あとは「オネエはこうだ、レズビアンはこうだとか、ゲイはこうすべき」みたいな偏見とか決め付けが、なぜ社会にはびこっているのか、いつから言われ始めたのか、どうやったらそれを無くしていけるのかについての研究をしていました。

だから、性というジャンルの中でも、私の書く文章の特徴は、性に関する偏見に対しての「ふざけんな」という怒りです。つまり、私は、怒りを言葉にする仕事をしていると思っています。

海外で学んだこと

どうしてそうなったかというと、その背景には、海外での生活があります。16歳まで日本で育ったあと、私はニュージーランドの高校に行って、そのあとアメリカに行って高校、大学って進学して、2年間日本の大学に逆留学したあとに、大学院で、またアメリカのシカゴ大学というところに行きました。

海外に行った人の話を聞くと、結構「多様な人に会えて成長した」とか「日本の良さを再確認できた」と言う人がいますが、私はそういうことよりも、2つのとっても大切なことを学びました。

1つは、「誰かが怒ったから、今があるんだ」ということ。もしかしたら学校でローザ・パークスという人について勉強した人もいるかもしれません。この人は、まだアメリカで黒人差別が当然だった時代に、バスで白人に席を譲れと言われても席を立たなかった、それで逮捕されちゃった黒人女性です。この事件をきっかけに、黒人差別について反対の声がアメリカで大きく広がって、その後の社会運動につながって行きます。

法律も、日常生活も、学校も、何もかもが黒人を差別するのが当然だった時代に、ローザ・パークスは怒って「私は席を立ちません」って運転手とか警察官に言い続けたんです。

他にも、女性が選挙で投票するなんて考えられなかったような時代に、「女にも投票権をよこせ」って言って怒りまくった人たちがいました。先生が生徒を殴るのが普通だった時代に、「体罰はやめろ」と怒りまくった人たちがいました。結婚する相手を親が決めるのが当然だった時代に、「自分の好きな人と結婚させろ」と怒りまくった人たちがいました。女子が学校に通うことがおかしいとされていた時代に、「女にも勉強させろ」と怒りまくった人たちがいました。男子生徒が髪の毛を伸ばすなんて信じられなかった時代に、「男だからって坊主を強制するな」と怒りまくった人たちがいました。そうやって、社会が少しずつ変わってきたんです。そして、これからも、そうやって怒る人たちが、社会を変えていくんです。

留学で学んだもう1つのことは、人と違ってていいんだというものです。日本とは違って、アメリカでは、友だちの意見に反対しても嫌がられません。日本では、友だちと集まってご飯どこで食べるか話してても、みんな遠慮して「どこでもいいよ」とか、誰かが案を出しても「そこでいいよ」とか言う人が多くて、なんかみんなが少しずつ我慢してる感じを受けます。アメリカではどちらかと言うと、みんなそれぞれ何が食べたいとかどこに行きたいとか素直に言って、それから話し合って決めることが多いような感じがします。「どこでもいいよ」って言うのは、本当にどこでもいい時にしか言わない、みたいな。例えばタイ料理が食べたいという私の案が採用されたら、じゃあ次はそっちの言ってたインド料理にしようね、みたいな。第一希望を言って、すりあわせて、できるだけ誰も我慢しないで済む方法を考えるというのを、アメリカではよく見てきました。

まとめると、アメリカで学んできたことは、「怒って良いんだ、人と意見が違ってもいいんだ」ということです。でも、日本で16歳まで育った私は、怒るときとか、人と違う意見をいう時に、どうやってそれを相手に伝えたらいいのか、あんまり分かっていませんでした。

言葉にすることの大切さ

日本にいたときから、私はよく先生とか親戚の大人に不満を持っていました。勝手に色々なことを決めつけてくるからです。その中には、今考えたら理解できるものもありますけど、ほとんどは今でも納得出来ないものばっかりです。でも、なぜ納得出来ないのか、どんな不満を感じてるのか、自分でもよく分かってなかった、だからきちんと言葉で怒ることができなかったんです。

でも海外で色々勉強する中で、多くの人が怒りを声に出して戦ってきたことを知りました。その人たちはみんな、「それはおかしいよ」ということを、きちんと言葉にして、何がおかしいのか、どうしておかしいのかを世の中に説明する努力を惜しまなかったんです。1回1回は無駄に終わっても、いつか社会を変えるかもしれない、そういう言葉を、きちんと社会に向けて発してきたんです。たとえば、ローザ・パークスだけじゃなくて、実はそれよりうんと前から、同じように怒って逮捕された黒人はたくさんいました。

そういう人たちの言葉を読んだり聞いたりすることで、少しずつ、「そうやって説明すれば、女だから家事をしろって言う人に反論できるんだ」とか、「そういう例を出せば、障害者は社会のお荷物とかいう人に反論できるんだね」っていう風に、言葉での怒り方を学ぶことができたんです。つまり、自分がちゃんと怒るためには、既に怒ってる人たちの言葉を知る必要がある、ということです。

だからいま、私は、怒りを言葉にする仕事をしているんです。誰かが私の文章を読んで、「そういうことについて怒ってもいいんだ」と思ったり、「そういう風に言えば反論できるんだ」と知ったり、「何かイラっとしてたけど、私も、それについて怒ってたんだ」と気づいたり、「同じようなことで怒ってる人がいるんだ」と勇気づけられるかもしれない。そうやって、読んだ人が自分の怒りをちゃんと見つめて、何で怒ってるのかを整理して、怒ってる自分を認めてあげて、必要なときには言葉にできる、そうなったらいいなと思って、文章を書いています。

偏見当てゲーム

関係ないけど、私群馬県でバーベキュー料理のバーもやってて、そこはカウンターの中で私の母が調理をしてるんですけど、そろそろ料理ができあがりそうだからその前で母の手元を見ながら待ってたんですね、運ぼうと思って。そしたらそれを見てたお客さんが「食べたいんでしょw」って言ってきてw もう完全にデブへの偏見じゃないですかw 私はただ料理を運ぼうと思ってたのに…。

それは冗談として、細かいことでも、自分が言われる側になったり、毎日のように言われ続けたりすると、すごくストレスになるような偏見ってありますよね。でもそれが、偏見で、何が問題なのか、何でおかしいと思うのかがわからないと、本当に怒るべき時に、その怒りをどこに向けて良いのかも分からなくてイライラしてしまうかもしれません。それに、誰も怒らなければ、相手はずっとそのままです。偏見を垂れ流し続けて、人に嫌な思いをさせ続けてしまいます。だから、本当に怒るべき時には、それをきちんと言葉にできる人間になりたい。

そこで、皆さんにクイズを用意しました。

ではまず練習です。私が今から言うシチュエーションに、どんな偏見が隠れていると思うか、何かおかしいぞと思ったら、手を上げて教えて下さい。

先日私のバーのイベントで使ったアウトドアテーブルを外に置いておいたら、ある日なくなってたんですね。スタッフは誰も知らないというので、恐らく盗まれたんだと思います。お客さんにその話をしたら、「外国人だよそれ」と言いました。実話なのが恐ろしいんですけど、ここにはどんな偏見があると思いますか?

(参加者の回答)

じゃあ少し難しい問題です。

ある大きなスーパーに行ったら、フードコートの壁に貼り紙がありました。そこには大きな文字で中国語が書かれていて、なんだろうなと思って近づくと、下に英語で小さく「設備を綺麗に使ってくださってありがとうございます」と書かれていました。日本語はありませんでした。これも実話です。ここにはどんな偏見があると思いますか?

(参加者の回答)

じゃあ更にレベルアップ問題。

赤ちゃんをお風呂に入れたり、子どもと遊ぶ時間をちゃんと取るお父さんに「イクメンですね、偉いですね」と言ったら、そこにはどんな偏見があると思いますか?

(参加者の回答)

じゃあ次の問題です。

街で外国人らしき人が困っている様子だったので、英語で話しかけました。ここにはどんな偏見があると思いますか?

(参加者の回答)

次の問題。

結婚したカップルに、「お子さんの予定は?」と聞いたら、そこにはどんな偏見があると思いますか?

(参加者の回答)

次の問題です。

働いてるお母さんに「仕事と家事、育児の両立は大変ですか?」と聞くことには、どんな偏見があると思いますか?

(参加者の回答)

では次。

痴漢の被害にあったことがあるという女子に、先生が言いました。「お前その時どんな格好してたの?」ここにはどんな偏見があると思いますか?

(参加者の回答)

じゃあ最後の問題です。

ある男の子が親戚の集まりに行ったら、おじさんから「彼女はできたか」と聞かれました。ここにはどんな偏見があると思いますか?

(参加者の回答)

まとめ

これでクイズは終わりです。そんなことも偏見になるの?と思った人もいると思いますが、毎日とか毎回こういうことを言われ続けることがいつの間にかストレスになって、つらくなってしまうことは誰にでも起こりうることです。そこでただイライラを募らせるのではなく、なぜイラっとしたのかが分かるだけでも、気持ちの整理がつきやすくなるんじゃないかと思います。

そして、それが相手の偏見だと分かれば、それにイラっとした自分は間違ってなかったんだ、怒っていいことなんだと思えるかもしれません。

それは同時に、偏見を向けられ傷ついている人の気持ちに気づいてあげられるようになることでもあります。

また、逆に自分の持っている偏見にも気づける人になってほしいと思います。周りが言っているからといって、自分も「だよね〜」って同調する必要はありません。

むしろ、皆がちゃんと怒って、間違った世の中をより良くしていくことが大事だと思います。

以上です、ありがとうございました。

後日談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマサキをフォローしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

YouTubeもやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です