上から目線の男の解説にうんざり! あなたの身近に必ずいる「マンスプレイニング系男子」とは?(ウートピ掲載記事)

「男の根拠の無い上から目線にイラッ」――そんな女性の気持ちを表現したある言葉が、2008年インターネット上に登場しました。その言葉は「マンスプレイニング」――「マン」(男)と「エクスプレイニング」(解説)をかけあわせた造語です。

その意味は「相手が女性だということを根拠に、相手は自分よりも今語られているトピックについて無知だろうと思い込んで、男性が女性に解説をし出すこと」(英語版 Wikipedia より、筆者訳)。「マンスプレイニング」は Twitter や Tumblr のハッシュタグとして急速に広まり、日本でも「英辞郎」に収録されました。

身近にいる「マンスプレイニング系男子」

マンスプレイニングにはどんなものがあるのでしょう。いくつか事例をご紹介します。

・詳しいプロフィールはこちら

執筆・出演・講演の情報はこちらその他の評論・エッセイはこちら

・執筆、講演、取材、出演等のお仕事のご依頼はこちらのフォームをご利用ください。

・別ブログで生活感溢れる小話を書いています。→舞い散る喪ゲイ

・イラストや漫画を note.mu にアップしています。

・写真作品を Tumblr にアップしています。

・ネットラジオ《エロくない性の話》 #ensh21 やってます。

・様々なバックグラウンドの人々を歓迎するダイニングバー《スペアリブの店 FAT CATS》を2014年から母と一緒に群馬県館林市でやってます。営業日なら私は必ず出勤してるので、お気軽に遊びに来て下さい。

・主に英語でセクシュアリティやジェンダーがテーマのYouTubeチャンネルやってます。


ブログをメールで購読

メールアドレスを入力して登録すると、当ブログが更新されるたびにメールで通知が届きます!

友だちにシェアしよう!


執筆・講演・取材・出演等のお仕事をお請けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です