マクドナルドの同性愛嫌悪CM騒動についてmessyサイトに文章が載りました

『女という幻想をぶっ壊す!本音情報サイト-messy /メッシー』さんよりご依頼を頂戴して、日本マクドナルドのキャンペーン動画の騒動について書きました。例のごとく、「編集者なしにライターはできねえな」と改めて痛感しております。

12月5日に、日本マクドナルドの公式 Twitter で紹介されたキャンペーン動画が、三日という短期間で公開が取りやめとなった。

この動画は、登場する男性(怪盗ナゲッツ)があるゲームに負け、罰ゲームとして他の男性(カズレーザー)から頰にキスをされるというものだ。男性は後ろから別の登場人物(安藤なつ)に羽交い締めにされ、不快感を全面に表現しながら罰ゲームを受ける。それが同性愛者に対して差別的であるという指摘が多数 SNS に投稿され、日本マクドナルドは8日、「お客様にご不快な思いをさせ、深くお詫び申し上げます」というおきまりのフレーズを残し、動画を非公開にした。

これにて一件落着……なのだろうか?

全文はこちらから:
「不快な思い」とは何か 日本マクドナルドの対応から考えるメディアと差別の関係

ブログをメールで購読

メールアドレスを入力して登録すると、当ブログが更新されるたびにメールで通知が届きます!

友だちにシェアしよう!

YouTubeもやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です