ノーモア

「誠意がある」「敬意がある」ということの大切さについて最近はよく考えていて、というのもどうにもどうやら日本には、自分が持ってないマイノリティ属性を持ってる相手を前に物怖じしてしまうというか、「まちがったことを言ってはいけない」「傷つけてはいけない」という強い自己強迫に陥る人というのがたくさんいるらしいということを、まがりなりにも差別問題について講演なんかをやっていると痛感させられているからなんだけれど、いや、もちろんほかの国にもそういう人はいるに決まっていて、アメリカでも一定の期間を上品な、というか上品自認の白人に囲まれて過ごしているとそんな空気が蔓延してるのを感じはする。

でもまあ、全体の傾向として、というもやっとした言いかたになるけれど、そもそもが「一歩でも踏み外したらならず者」みたいなハードモードをプレイさせられている日本の人たち(people in Japan(≠ Japanese people))にとって、まちがうことへの恐怖が一層強いのは自然なことなのだろうと思う。16歳まで日本にいてアラサーになって戻ってきた私にも、そういう部分がないわけじゃないし。

なんでこんなことを書いているかというと、時々思い出したように昔住んでいた街々をストリートビューで巡るという郷愁バーチャル旅行をするのが好きで、さっきもかつて週1くらいで利用してたシカゴの63番&南カッテージグローヴの交差点にある駅をストリートビューしに行ったんだけど、そしたらしょっちゅう買い物していた駅すぐ横のスーパーマーケットが完全に更地にされたのち鉄骨が組まれている様子が目に入ったからです。

建設中の看板には「Woodlawn Station」と書かれていて、アパートの下にテナントが入るスタイルの、ほのかにジェントリフィケーションの香り漂う建物ができる予定らしい。ストリートビューの日付が昨年9月だったから、今頃もう完成しているだろう。

シカゴの63番と聞いてピンと来る人には当然わかりきったことだけれど、この一帯は右を見ても左を見ても下を見てもアフリカ系アメリカ人しか目に入らないような場所で、3ブロック北のシカゴ大学では新入生に「絶対に行くな」と指導しているいわゆる「危険ゾーン」でもある。私のアパートは61番と62番のあいだにあって、生活に必要なものなんかをこのエリア以外で買おうとすると、バスをへたしたら乗り換えないといけなかったので、怠惰な私は毎日のように63番のスーパーやガソリンスタンドのコンビニに行っていた。

ぶっ壊れた建物やだだっ広い空き地のあいだを進んで、AriZona のクソ甘い Green Tea や Sweet Tea、SoBe、Lays、Corn Nuts、Tostitos なんかを抱えてアパートに戻るそのあいだ、一度だって白人の姿はおろかアジア人もヒスパニックの人もついぞ見ることはなかった。社会保障事務所に行ったときも、ごった返す施設内にただ一人私だけがアジア系だった。電車に乗れば、うらぶれて放置された建物を次々に映し出す車窓を30分以上眺め続けないと、白人は乗り込んでこない。政府批判のラップパフォーマンスが始まって、車両全体で手拍子で盛り上げたこともあった。そんな、不均衡が恥ずかしげもなく剥き出しの街で、どんなに大雪が降っても61番までしか除雪されない街で、なぜかそのエリアの黒人のあんちゃんたちに私はよく “ma’am” と呼ばれていた。つまり、中年以降の女性だと思われていた。

日本の人々はよく、建前と本音とかワビがどうしたサビがどうしたと自国の文化をさも特別げに語るのが好きだけれど、アメリカにはまた別の気の遣いかたがあるというだけの話で、たとえば成年前の人の前で f-word を使わないだとか、年配の人には丁寧に接するだとか、あるいはバスで隣に座った人にアゴをクイッと上げながら口角を上げるだとか、そういう「建前」に関しては日本の人々よりもアメリカの人々のほうがよっぽど長けている。22歳くらいで日本に一度戻ってきたときは、むしろ日本の人たちがそういうことを一切しないことにびっくりしたものです。なんて無礼な人たちなんだろう、と。すぐに慣れて、どっちがいいとかじゃないよねと納得したけれども。

私を “ma’am” と呼ぶ黒人のあんちゃんたちは、つまり、本当にアジア系のおばさん(と彼らが認識している人)に対して敬意を持っているかどうかは別として、少なくとも建前上は敬意を表していたわけです。”ma’am” 呼ばわり以外にも、ドアを開けてくれて待っていてくれたりだとか、とにかく諸々丁寧な言葉遣いで接してくるあんちゃんばっかりで、いやあんちゃんと言っても年齢は色々だし、ちょーかっこいいファッションの元気な女性店員さんたちも同じように敬意を持って接してくれてた。別に相手の認識を改めてもらう必要もないのでおとなしく「アジア系のおばさん」と思われたまま生活してました。

そんなある日、スーパー入口付近のスロープのとこで煙草を吸っていたら「失礼します、ma’am」と声をかけられて、あわてて「あ、ごめんなさい」と言って体をくねらせて道を空けたところ、「しょぼくれたジジイ」を漫画で描いたらまさにこんな感じって風体の黒人男性が「ありがとう」と言うとすぐにこっちを凝視してきたので、アメリカ流のワビとサビで口角を上げて見つめ返すと、「あなたは女性かね男性かね」と聞いて来る。そんな不躾な、と思ったけれど、「男ですよ」と答えると、矢継ぎ早に「コリアン? ジャパニーズ?」と聞いてきた。

「ジャパニーズですよ」と答えたら今度は「このへん出身なの?」と聞かれたので、「いえ、ジャパンで生まれて、いまはこっちに住んでいます」と答えた。女か男かわかんない上にアジア系の知らない顔が自分の生活圏にいるという事態を脳内でプロセスし終えたのか、彼は「オーケー」と言ってスマイルとともに回れ右をして立ち去って行った。

不思議なやりとりだったなあと苦笑いをしていると、十数メートル先から彼がこちらを向いてとても大きな声でこう言ったのです。

「NO MORE ARIGATO、でいいんだっけ!?」

彼の身の回りの装備からして、路上生活を送っている人なんだろうなという推測もあったからかもしれない。私はふいに泣きそうになって、満面の笑顔で答えた。

「そうですよ!」

って。

私は自分の出身国や出身地域にあまり思い入れを持っていないので、この時の喜びはそういうたぐいのものではない。

そうではなくて、いや、そんなくだらないことよりも!

彼はこの十数メートルをのそりのそりと進みながら、彼の知る「ジャパン」に関することを頭の隅々からかき集めて、なんとか、なんでもいいから私に、私の出身地への敬意を示す言葉を向けようとしたのだ。

もちろん、NO MORE なら HIROSHIMAS / NAGASAKIS だし、ARIGATO なら DOMO ARIGATO MR. ROBOTO だ。完全にこの二つが混じっちゃってる。でも、こんな嬉しい異文化交流がこれまであっただろうか!

私は灰になって行く煙草を右手に任せ、大きく上げた左手で、彼のこれまた大きな waves に夢中になって応えた。

異質なる者と正面から向き合うとき、私たちは果たして徹頭徹尾「ただしく」なければいけないだろうか。たとえば、「赤の他人に最低限感じ良くする」なんていうほんの小さなことを心がけるだけで、私たちの社会は今よりも随分と住みやすい場所になるんじゃない?

一所懸命に「LGBT の人に言ってはいけない言葉」を暗記しようとする善意の人々や、逆に「そんなのは言葉狩りだ、ホモはホモだ、レズはレズだ!」と吹き上がる悪意の人々が、オンラインにもオフラインにもたくさんいる。けれど、ただしくあろうとするよりも、ただしさに背を向けるよりも、まず人間同士としての誠意や敬意を持たなければ、何の意味があるだろう。その先に、押し付けられることのない自分の「ただしさ」を見つけることができるのだろうに。

「わたし」と「あなた」という、それこそ動物の1種としての人間の身体同士が、意思と意思が、そして命と命が、互いに互いをそれと認め合わなかったら、人間はいつか自動操縦モードを搭載してしまうだろう。あるいはもう搭載しているのかもしれない。

そこから逃げ出すキーワードは、NO MORE ARIGATO だと思う。

ここ半年、イラスト・漫画でも表現ができるように練習しています

さきほどこれまでに作った曲をまとめましたという記事をアップしましたが、こちらもまたまたご存知の人たくさんいると思いつつ、こんな絵を描いてるよというご紹介です〜。
続きを読む →

これまでに作った曲をまとめました

ご存知の方もいると思うのですが、結構前からときどき、プロテストソングというか何というか、思いっきり政治的メッセージを込めた音楽を作って歌ってネットに出したりしています。J-Popと歌謡曲とTWO-MIXが好きなので、それ系に親和性のある人はぜひ聴いてみてください〜。

インターセクト (2018)

歌詞を表示する

中途半端な施しならば 要らないと言っているでしょう
誰もかれも言葉を選び プラスティックのような笑顔を向けた
僕達は心が広いから ほらほらほら怖がらないで
なんて聞きかじりの 浅い浅い決めつけ
I don’t even know where to begin

君と僕の交差点は そんなに他のと似てますか
今ここにいる僕たちは そんなに教科書通りですか

はじめまして よろしくね 友だちになりましょう
色んなとこ違うけど きっと分かり合えるでしょう
君と僕の頭んなか つないじゃって話せれば
余計なこと考えず ひととひとになれるのに
ただの記号じゃない僕を見てよ

Black and white で片付けられない 世界を目の当たりにしても
君はその辞書を手繰り寄せ 正解をそこに求めるのですか
I’m right here, talk to me
Don’t look me up, look at me
とりあえず天気の話でもしましょうか

帰り道の交差点で 赤なのに君が歩き出した
つられて僕も一緒に 空っぽの道を渡った

何でもない日常を 君だって 僕だって
生きて生きているんだよ これまでも これからも
肩書きに狂わされてる世界観をぶち壊して
どっか飛んでいけたなら もっと分かり合えるかな
ただの記号じゃない 君と僕は

はじめまして よろしくね 友だちになりましょう
色んなとこ違うけど きっと分かり合えるでしょう
君と僕の頭んなか つないじゃって話せれば
余計なこと考えず ひととひとになれるのに

何でもない日常を 君だって 僕だって
生きて生きているんだよ これまでも これからも
肩書きに狂わされてる世界観をぶち壊して
どっか飛んでいけたなら もっと分かり合えるかな

ただの記号 ただの記号
ただの記号じゃない 君と僕は


続きを読む →

「国益」って誰の益だろう

『「慰安婦」問題は#MeTooだ!』というショートムービーがまもなく完成するらしい。これは、JSPS科研費基盤(B)「ジェンダー平等社会の実現に資する研究と運動の架橋とネットワーキング」JP26283013平成26-29年度の研究成果として制作されているそうだ。この研究は、いわゆる科研費(科学研究費)と呼ばれる、その予算のほとんどが国の交付金や補助金でまかなわれている研究費によって実行されている。この研究については、以前から杉田水脈議員が批判をしていた。いわく、「こんなことに科研費が使われているなんて!」ということらしい。

こうした攻撃について、研究グループより反論が出ている

そんななか昨日、杉田水脈議員がさらにこんなツイートをした。

学問の自由は尊重します。が、ねつ造はダメです。慰安婦問題は女性の人権問題ではありません。もちろん#MeTooではありません。それから、国益に反する研究は自費でお願いいたします。学問の自由は大事ですが、我々の税金を反日活動に使われることに納得いかない。そんな国民の声を受け止めてください。
杉田 水脈 – 11:07 PM – 11 Apr 2018

「慰安婦問題は女性の人権問題ではありません」という言葉には驚かされる。では何の問題だというのだろうか。従軍慰安婦の存在を知っていてなお、それが女性の人権の問題ではないと言い切る背景には、どんな論理があるのだろう。国家間の問題だと言うのだろうか。だとしたらそれは、「お前のところの娘に悪いことをした」とか「うちの娘になんてことしてくれたんだ」というような、女を所有物としてしか見ない考えに思える。正にそれこそが女性の人権問題だ。

さらに杉田議員は、この研究を「国益に反する研究」「反日活動」と言っている。この人はいったい、学問を何だと思っているのだろう。事実を検証し、また反証可能性を確保する形で根拠を示しつつ、あらたな知見を生み出す——その結果、ある国家や政府の責任を明らかにすることは、当然あり得ることではないか。科研費がもし、政府に不利な結論は黙っておくべきだとか、政府の意向に沿ったテーマのみ扱うべきだとか、そういうポリシーを持っているのだとしたら、それは「科学研究」を冠してはならない制度だ。「科学研究費」ではなく、「プロパガンダ研究費」に名前を変えたらいいと思う。学問の自由? そんなのクソくらえですよね。あ、杉田議員は学問の自由は尊重するんでしたっけ…?

あと、なぜか「国民の声」という大きな主語で「我々の税金を反日活動に使われることに納得いかない」と語る杉田議員だけど(「過ぎた議員」と誤変換されて、それもそうかもと一瞬思いましたが直しました)、もし杉田議員が望ましいと思っている「プロパガンダ研究費(仮名)」が実現したら、私は自分の税金がそんなことに使われることには納得いかない。届くかな、この私の国民の声。そもそも私の税金が使われることに納得出来ないのは他にもたくさんある。婚活関連とか。それこそ自費でやって! って思ってる。あと、朝鮮学校が排除されてる高校無償化にも納得できない。

高校無償化については、それ自体はいいことだと思う。だからちゃんと朝鮮学校も他の同等の立場の学校と同じように無償化されたら、どうぞ私の税金使って! って思う。でも今は無理だ。納得できない。ましてや、在日コリアンからしたら、納得できるわけないじゃんって思う。だって在日コリアンも、税金を「国民」と同じように納めているんだもの。もっと言えば、ニューカマーと呼ばれる人だって、難民申請中の人だって税金を「国民」と同じように納めている。もっともっと言えば、老後を日本で過ごす予定じゃない人まで年金を払ってる(このへんは複雑なので詳しく知りたい方は「社会保障協定」を調べてください)。現状は、「国民でない人のために国民の金が使われてる」んじゃなくて、逆だよ。福祉や色んな恩恵を「国民」に限定している日本の現状は、「国民のために、国民でない人の金まで使われてる」だ。

そして、国民でない人に制度の対象を拡大することとか、政府の意向に沿わない研究をすることとか、さらには日本政府への批判を口にすることすら、そういうのをひとくくりに「反日」とか「国益に反する」とか言う人が多いけど(杉田議員もそういう層にアピールしているのだろう)、安易に敵認定してみんなで殴れるサンドバッグを欲しがっているだけに思える。私はたまたま「国民」で、近い家族もほとんど「国民」で、その恩恵を受けている人だから、「反日」とラベルづけされても日常生活で恐怖を感じたり実際に不利益を被ることはほとんどない。でも日本で「国民じゃない」とされる人や、家族に「国民じゃない」とされる人がいる人にとっては、「反日だろう」と疑われることすら、日常を脅かし得る。家族全員「国民」だったとしても、日本以外にルーツを持っていたり、琉球やアイヌのルーツを持っていたら、そこをいつ攻撃されるかわからない。

そんな社会にいて、「あれは反日活動だから税金を使わせるなー!」と叫ぶことは、とても恥ずかしいことだと思う。

【音声配信#004】『私のエッジから観ている風景〜日本籍で、在日コリアンで』【ゲスト:金村詩恩】 #ensh21 (今回で一旦休止)

お知らせ

計4回お届けした《エロくない性の話》ですが、スケジュール等いくつかの理由で一旦休止とさせて頂きます。

今回のトピック

ゲスト金村詩恩さんの著書『私のエッジから観ている風景〜日本籍で、在日コリアンで』(2017.12発売)について
(出版社ぶなのもりより購入できます)
日常生活を書くということ、小さい尊い物語
マイノリティと代表性
「私」という立ち位置
ジェンダーやセクシュアリティ、ニューカマー etc.
その他
続きを読む →

「脱テンプレ」の魅力

何か新しいことを言わなければいけない、まだ誰も言ってないことを言わないといけない、心の中でくすぶっている言葉にできない思いを抱えたどこかの誰かが「そう! それだ!」って思うようなことを書かなければいけない、そんな風に思って文章を書いてきた気がする。女人禁制なんて女性差別だよねとか、同性愛者を欠陥がある生物と言うのは同性愛者差別だよねとか、バリアフリーって大事だよねとか、そういうことって、あまりにも当然に思えて、私が言わなくても絶対に誰かが先に言ってくれるって思ってしまう。そうして、何も言わずにやり過ごしてしまうことがある。いや、誰かの言葉をツイッターでリツイートしたりくらいはするかもしれない。でも、その程度だ。

普段SNSなどで差別に反対する人に囲まれていると、あたかもそこで共有されている感覚が社会の常識のように思えてくる。誰しもときには失敗するものだから、差別的なことを言われたり言ってしまうこともあるけれど、その裏にあるのは明確な悪意ではなく不注意だったり不勉強だろうなって思える環境。もちろん私たちはSNSを離れてファミレスでご飯を食べたり、学校で授業を受けたり、やりたくない仕事をこなしたり、駅の待合室でボーっとしながら少し離れたおじさん二人の会話を聞いたりもする。でもなんだかそういうところで聞く差別的な言葉は過去の遺物の断末魔のような気がして、「まだそんなこと言ってる人たちっているんだな」「あんな人と職場が一緒だったら嫌だな」「社会はどんどん良くなっているんだから、放っておいて絶滅を待ってればいいや」なんて思ってしまったりする。差別は悪いという前提が共有された社会においても、そんなアンラッキーな出会いだってまだあるよね、というふうに。

だから、差別について何か発信するとき、凡庸なことは言いたくないというか、誰かに「その視点はなかった!」と言われたいというくだらない欲望に火が付いてしまうときがある。そして、本来ならちゃんと反対すべきことに反対することを、怠ってしまう。

でも、ものすごく凡庸に思えても、私たちの生きてる社会を見渡してみれば、そんなベタで基礎的なことすら、全然共有されてなかったりする。

伝統を理由に土俵を女人禁制とする相撲は女性差別をしている、とか、君が代は戦争責任を果たさない天皇を賛美する歌で、強制することは戦争の肯定を押し付ける人権侵害だ、とか、ヘイトスピーチはある属性の人々をひとまとめに攻撃し萎縮させる行為で、悪だ、とか、政府要人と親しい人が得をするのは政治の腐敗で、許されるべきではないことだ、とか、家事が労働とみなされないのは不当で、その多くが女性に押し付けられているのは女性差別だ、とか——そういうことは、現代日本において、全然「ベタ」でも「基礎的」でもない。むしろそういう風に思わない人や、良くないと思いつつなんとなく容認してしまう人こそ、現代の「普通の日本人」の姿ではないか。

そしてそういう社会では、凡庸に思えることを繰り返す人こそが、社会を少しずつ良い方向に変えていく。

先日、朝日新聞の記者が「LGBTは気持ち悪い」という人を取材した文章を公開し、大きく炎上した。記者は「脱テンプレ報道を目指してい」ると言った。現在のLGBTの語られ方や語りの消費のされ方が「お説教」や「かわいそう物語」というテンプレになっているから、ということらしい。これについて、多くの人がこの記事を脱テンプレではない、むしろこれまでの旧態依然とした差別のテンプレに押し戻す報道であると批判した。この批判は的を射ていると思う。記事を読んだが、嫌悪感ばかりが残った。でもその嫌悪感の一部は、そこに自分の姿を見た気がしたからかもしれない。「脱テンプレ」を目指して失敗してしまった記者は、私にとって他者ではなかった。

【音声配信#003】LGBTのトレンドを読み解く【ゲスト:ちぇがる・やか】 #ensh21

今回のトピック

エイプリルフールとLGBTネタ
学校の制服問題
TVドラマにおけるLGBTの表象
保険証に通称名?
その他
続きを読む →

【音声配信#002】LGBTIQと性暴力 他【ゲスト:RC-NET 岡田実穂、宇佐美翔子】 #ensh21

今回のトピック

RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク)の成り立ち
LGBTIQと性暴力
2017年法改正、2020年見直しの可能性
Broken Rainbow – Japan
#WeToo と SOGI ハラ
“夜の”ママ友
続きを読む →

【音声配信#001】トランスジェンダーと医療の歴史と現在、#WeToo運動への違和感【ゲスト:畑野とまと】 #ensh21

今回のトピック

トランスジェンダーと医療の歴史と現在
WeToo運動に関する違和感
続きを読む →

週一でネットラジオ生放送はじめます『マサキチトセの《エロくない性の話》 #ensh21 』【毎週水曜or木曜 午後9時〜】

2018年3月の21日もしくは22日から、LGBT・クィア・ジェンダー・性暴力・セックスワーク・社会運動・カルチャーなどについて語るネットラジオ『マサキチトセの《エロくない性の話》 #ensh21 』を開始します。
続きを読む →

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。